俳優とオーディション

なりたい職業やあこがれの職業として、ランキングに入る俳優。俳優と言っても、活躍の場はいろいろあり、よくテレビなどで見かけるのはごくわずかな人たちであることは、あまり知られていません。俳優は、主にその演劇活動の場によって分けられています。

舞台演劇を中心に演じている俳優を「舞台俳優」、もっぱら映画に出演している「映画俳優」、テレビドラマが主な「テレビ俳優」、ミュージカル専門の「ミュージカル俳優」など、多くはいずれかに分類されることが多いようです。活躍の場によって、演技の仕方にも特徴があり、また演技だけでなく、バラエティやトークショーなどにも出演したり、最近は、それらの壁を超えて、幅広く活躍している俳優も多く、日本だけでなく、ハリウッドなど世界で活躍している俳優も多くいます。

俳優になるには、芸能事務所や劇団などに所属して、日々、演技や歌やダンスなどのいわゆる芸能を勉強し、レッスンするなどの努力が必要です。憧れだけでなれるものでもなく、かといって天性の才能だけでもなく、常に自分と芸を磨いて、どんな役にもなれるような感性を身につけることが、俳優としての活躍の幅を広げていくことにつながるでしょう。

関連資料≪オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト≫

オーディションは、大きく分けて二通りあり、その芸能事務所や劇団などに所属するためのオーディションと、事務所に所属してから、映画やドラマのキャストを得るためのオーディションがあります。ここでは、その二つのオーディションについて、まとめてみました。