一生オーディション

キャストを得るためのオーディションについてまとめてみました。さて、めでたく芸能事務所や劇団に入ることができたら、しばらくはいわゆる下積みの時代になりますので、できるだけ多くの作品に出演して、演技の幅を広げることが必要になります。そして、ある程度の基本ができたら、いよいよ作品の登場人物たちの役柄を得るためのオーディションを受けなければなりません。

多くの作品は、作家や脚本家が書いたものを映像化するときに、その時々の旬な俳優に合わせて作ったり、視聴率が取れる人気の俳優に合わせて作られたりしています。その他のキャストは、役柄に応じた俳優を求めて、オーディションをすることがよくあります。主役にはなれなくても、準主役だったり、重要なカギを握る人物だったり、個性的な役柄も多く、演技力が試されることも多いでしょう。

ここでも、数多く落とされることがありますが、モチベーションを保ちながら、次へのステップにしていくことが肝要です。そして、うまく採用されても、また次も採用されるとは限らず、別のオーディションを受けることになるのです。このように、俳優という職業は才能を生かして演技の幅を広げていくことはもちろんですが、常にオーディションとの戦いであるとも言えそうです。