一生オーディション

キャストを得るためのオーディションについてまとめてみました。さて、めでたく芸能事務所や劇団に入ることができたら、しばらくはいわゆる下積みの時代になりますので、できるだけ多くの作品に出演して、演技の幅を広げることが必要になります。そして、ある程度の基本ができたら、いよいよ作品の登場人物たちの役柄を得るためのオーディションを受けなければなりません。

多くの作品は、作家や脚本家が書いたものを映像化するときに、その時々の旬な俳優に合わせて作ったり、視聴率が取れる人気の俳優に合わせて作られたりしています。その他のキャストは、役柄に応じた俳優を求めて、オーディションをすることがよくあります。主役にはなれなくても、準主役だったり、重要なカギを握る人物だったり、個性的な役柄も多く、演技力が試されることも多いでしょう。

ここでも、数多く落とされることがありますが、モチベーションを保ちながら、次へのステップにしていくことが肝要です。そして、うまく採用されても、また次も採用されるとは限らず、別のオーディションを受けることになるのです。このように、俳優という職業は才能を生かして演技の幅を広げていくことはもちろんですが、常にオーディションとの戦いであるとも言えそうです。

始めの一歩

芸能事務所や劇団に所属するためのオーディションについてですが、芸能事務所や劇団にはその事務所特有の「色」があります。一般の企業と同様、こういった人材が欲しいとか、今度こういうものをやるので、それに合う人を募集しているなど、その求められているイメージが自分に合うのかを考えてみましょう。

例えば、自分がこうなりたいという憧れの俳優や、目当ての俳優がいれば、それも一つの選択方法でしょう。目標とする事務所が決まったら、まずはやはり書類選考となるので、基本的な事柄として誤字脱字などに注意することはもちろんです。

そして、初めてこの世界に入る瞬間でもありますので、素の自分で勝負しなければなりません。全国から何人もの人々がオーディションに参加します。その中で、何かしら魅力を感じさせるものや、自分にしかない個性などを積極的にアピールしなければならないので、かなりの難関であることを覚悟しましょう。

オーディションに一度落ちたからあきらめるようでは、なかなか難しいようです。今更ながら、演技をするのが好きであることは必須ですが、さらにその気持ちを情熱をもって維持させることがより重要不可欠になります。そして、その書類選考のあと、自己紹介、面接、実技などを経て、合否が決まります。